1月末まで工事中...(衣装直しとコンセプトを変えます。それまで記事はあまり書きません。)

リアルタイム株価分析ソフト

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31





   
  
週末の動き
b0004462_11364165.gif

週末にかけてNZ$は、下げてきました。
木曜日には逆行現象も15分足で確認できましたが
ここで勘違いしてはいけないことがあります。
そんなにテクニカルは単純ではないんです。

今週のNZ$は、70.04円付近を下回らなければ
上昇トレンドは継続でした。
しかしながら、日単位で下降トレンドに転じており
木曜日は、72.70円付近をブレイクアップしなければ
上昇トレンドに転じたとは言えない環境でした。

そのような環境の中で逆行現象が確認できても
非常にリスクは大きいという認識をして
買いエントリーしなければなりません。
これを認識しているかどうかがポイントです。

たとえば、逆行現象が確認できた木曜日の
ピンクの○印のポイントで買いエントリーしたとします。
もちろん、ここからうまく上昇するケースもあります。
そのときは大きく利益を得ることはできますが
大きく利益を得ることができるということは
大きなリスクも背負っているということです。

木曜日の○印で買いエントリーした後は
なかなか上昇してくれません...
シグナル発生後のBBレシオを見ても凝縮するばかりで
拡大には転じてくれないので金曜日の朝の段階では
危険を感じていなければなりません。
これがテクニカルです。

しかも金曜日の夕刻には、黄色い○印のタイミングで
完全に下降トレンドのサインが出ています。
最悪のケース...ここでロスカットしたほうがよいでしょう。
ただ、このルールでトレードしているとなかなか利益は上がりません。
やはり金曜日の朝方に怪しいと気づいて
一旦、エグジットしておくべきかと思います。

断っておきますが、これはデイトレードレベルのタイムスパンで
トレードをした場合について書いています。
タイムスパンが違えば、エントリーのタイミングも異なります。
by this_is_one | 2006-07-29 11:36 | Start FX trade
<< 帰宅 推薦 >>