1月末まで工事中...(衣装直しとコンセプトを変えます。それまで記事はあまり書きません。)

リアルタイム株価分析ソフト

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30





   
  
ダッシュボード
b0004462_9581432.jpg
b0004462_9582121.jpg

昨日は、とても暑かったですね。
でもこの暑さで車を外に駐車していると
ダッシュボードがやわらかくなるのでチャンスでした。

国産車の多くは、材質と取り付け方法が原因で
年数が経つとダッシュボードのエアコン噴出口が浮いてきます。
とてもみっともないです。
青空駐車している車は要注意です。

年式の古い中古車は、たいていこの症状は出ているので
これを理由に値段交渉するとよいでしょう。
ちなみにダッシュボードの交換は、工賃込みで10万円以上です。
部品代は、約8万円します。

さっそく、エポキシ系接着剤を購入して作業に入りました。
接着剤は、作業に時間を要するので40分くらい後に硬化するものがよいでしょう。
まずは、接着剤が垂れてもいいようにマスキングをしておきます。
手にはゴム手袋をはめて、接着剤を指先につけてから
ダッシュボードの浮いている箇所にたっぷりと塗っていきます。
塗る箇所は、室内から見えないので手探りです。
フロントガラスの外側に鏡を置いて、室内が見えるようにするのもよいかと...

その後は、まな板に厚めのタオルをまいて
ダッシュボードとフロントガラスの間に押し込みます。
そうすることで、さきほど接着剤を塗った箇所を押さえ込むことになります。
このまま、1時間もすれば完成です。

もし古い車を購入するときにダッシュボードが浮いていたら
値段交渉のネタを仕入れたと思ってください。
by this_is_one | 2006-07-16 10:09 | Welcome Z ism
<< 料理 別れ >>